2010年4月アーカイブ

高速道路 6月実施の新料金は車種別に上限制度を導入

| コメント(0)


クレジットカード・コンシェルジュの大澤です。

春ですね。朝は暖かくても夜には寒くなったりして、出かけると
きの服装は迷うことが多いです。

高速料金の方もそんな気候のように、紆余曲折、二転三転ありま
したが、ようやく新年度の料金制度が決まりました。


さて、
 「高速道路無料化」の行く末はどうなったかと言いますと・・・


■ 高速道路 6月実施の新料金は車種別に上限制度を導入
 
国土交通省は、高速道路を一部無料化するのに合わせ、2010年6月
から有料区間には車種別の上限料金制度を導入することを決定し
ました。

首都高速や阪神高速を除く、全国の路線で「普通車2,000円」「軽
自動車1,000円」「大型車は5,000円」など車種ごとに一定の走行
距離を超えると高速道路料金が上がらない上限料金制です。

(ガソリン1リットル当たりの燃費が20キロ以上の車はエコカーと
して軽自動車と同じ上限1,000円になりますが、事前登録が必要で
実施は7月以降になります。)

曜日に関係なく、またETCを搭載していない車も対象となります。

新料金制度への移行に伴い、現行のETC搭載車を対象とした休日高
速道路1,000円などの割引は廃止されます。

普通車の高速料金の計算は入場料(150円)と距離に応じた料金
(24.6円/km)+消費税で、例えば平日、東名高速で東京~名古屋
まで利用すると7,100円となりますが、6月からの上限制度が導入
されれば2,000円で済むことになります。
 

 

メルマガ

ETCキャンペーンを使って1円でも安くETC車載器を手に入れたい人に向けて最新情報をお送りします。助成制度や高速道路に関するお役立ち情報もお届けします。お楽しみに。

メールアドレス

 

ETC車載器無料キャンペーン

現在実施中の無料キャンペーンはありません。最新情報が必要な方は上記フォームからメルマガにご登録ください。